ひょっとして打ち漏れ?医療脱毛で打ち漏れがあった時はどうすればいいの?

 

医療脱毛をしてもらった当日に脱毛効果が実感できる事はありません。

でも後日、ムダ毛が抜け落ちて「効果があった」と実感できます。

ですが、そんな中、一部分毛が抜け落ちていない?と思う事、ありますよね。

もしかしたら打ち漏れがあったのかもしれません。

医療脱毛で打ち漏れかも?と思った時に参考にしてみてください。

 

この記事で分かること

・医療脱毛の施術後に毛が残った!打ち漏れか判断する目安

・打ち漏れではない例もご紹介

・打ち漏れは2週間、3週間後に連絡を!

 

打ち漏れか判断するポイント

 

医療脱毛をした後、毛が濃くてレーザーの熱がしっかりと毛根まで行き渡った場合はポップアップ現象といって毛がすぐに飛び出して抜ける事もあります。

一般的にはレーザー照射後、毛の成長が止まり徐々に毛が抜けていきます。

そのため、目安としては2週間から3週間ぐらいしたあたりで毛が抜け落ちるようになります。

ただ、レーザーの照射口は2センチから5センチぐらいのものなので、漏れがないように照射をしていても打ち漏れが出てしまう事もあります。

また、丸い照射口だと、照射した隙間が出来やすいという事も考えられます。

 

特にひざやVIOといった狭くてデコボコが多い箇所は照射しにくいので照射漏れが起こりやすい場所です。

 

医療脱毛をして「もしかしてこの部分、打ち漏れ?」と思ったら2つ判断するポイントがあります。

 

弱い力で引っぱってみる

残っている毛を弱い力で引っぱってみてください。

この時にある程度毛が抜けるという場合は熱量不足の可能性が考えられます。

特にVIOなどの濃い毛のエリアで見かけます。

照射した部分の毛が充分に抜けずに残っている毛がある場合、レーザーは照射されているけど、抜けるのに時間がかかっているという可能性があります。

 

もし、軽く引っ張ってもケガ抜けない場合、以下の状態ではないか、確認してみましょう。

 

ある程度まとまってムダ毛が残っている

細長いエリアでまとまって毛が残っていたり、1円玉ぐらいの幅のエリアでまとまって毛が残っている、といった具合に1部分だけまとまって毛が抜け落ちずに残っている場合は照射漏れがあった場合が多いです。

 

また、医療脱毛で一般的に扱われているアレキサンドライトレーザーのタイプは丸い照射口です。

この照射口の周辺が残るように毛が抜けずに残る、もしくは丸い照射箇所同士の隙間の打ち漏れがあるという例もあります。

 

こういう場合は打ち漏れではない可能性も

ムダ毛がある程度抜けている時に毛が残っている場所があった!とはいっても実は打ち漏れではない可能性があります。

 

毛の退行期、休止期だった

毛の周期は成長期→退行期→休止期というのを繰り返しています。

たまたま脱毛した時期に退行期や休止期で毛が生えていなかったけど後で毛が生えてきて打ち漏れ?と心配になってしまう人もいるようです。

まばらに毛が残ったように見える場合、この可能性が高いです。

 

シミ、ほくろ、傷があった

脱毛で照射する場所にシミやほくろ、傷があった場合、その場所を避けて照射します。

ほくろなどはシールを貼ってくれる場合がありますが、シミや傷の場合は避けて照射する事があります。

特にこの部分を避けますね。とお知らせしてくれない事も多いので、脱毛している時期にその場所に傷がなかったか、思い出してみましょう。

 

VIOに関して

VIOで一部分まとまってというよりある程度全体的に残っているという場合は痛みなどの対策で照射量を調整している、もしくは毛根の位置が深い場所にあったといった理由で充分に照射できずに残っているという事が考えられます。

また、VIOの毛は結構強いです。

1回目の照射だけの場合、一度抜けても1か月過ぎたあたりには元通りになっているというぐらい再び生えてきているという事があります。

この場合は一度抜けているので照射漏れではなく、VIOの毛は結構強いもんだなーと思った方が良いでしょう。

 

範囲対象外だった可能性も

一部分だけ毛が抜けずに残って確認してみたらその場所は範囲対象外の箇所になっていたので照射していなかったという例もあります。

こういった場合も照射漏れに見えてしまう事があるのです。

ムダ毛の範囲が広い場合、どこまで照射してもらえるのか、施術前に確認しておくと良いでしょう。

 

打ち漏れかな?と思ったら連絡したほうが良い?

もしこれは打ち漏れかも?と思ったら施術後の2週間から3週間後ぐらいに連絡をした方が良いです。

クリニックや美容皮膚科によって対応が違いますが、ほとんどのクリニックでは再照射の予約を取ってくれるはずです。

クリニックによって打ち漏れの場合の連絡するタイミングや期日が違いますので、期日までに連絡するようにしましょう。

 

 

ちなみに打ち漏れがあった箇所は証拠の写真を撮っておく事、そして抜いたり剃ったりといった処置は何もせずにそのまま状態を見せに行ってください。

自己判断で処理はしない方が良いです。

 

まとめ カウンセリング時にしっかりと確認を!

どんなに慣れている施術スタッフの人でも打ち漏れというのは出てくるものです。

もし、打ち漏れがあった場合は遠慮せずに連絡するようにしましょう。

ただ、中には再照射を渋るクリニックも少なからずあるようなので、最初のカウンセリングの時に必ず打ち漏れがあった場合、どのような対応をしてくれるのか?という部分を確認するようにしましょう。

もちろん、再照射をしてくれるというクリニックを選ぶようにします。

カウンセリング時に確認をしておくことで照射漏れがあっても慌てずに対処する事が出来るようになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA