ナースが推薦する「医療脱毛ならジェントルレーズ・ジェントルレーズプロ」一択!

医療脱毛っていろんな機種がありますよね。
クリニックの医療脱毛でもっとも多く使われてるのがジェントルレーズですね(二位はダイオードレーザーです)。

でもこの機種のメリットとデメリットをしっかり理解しているお客様は多くないようです。
なかには、「痛いからやめたい」とネガティブになる方も・・

しかし「痛いから止める」ではもったいなさすぎます。
じつはジェントルレーズにはほかの機種にはないメリットがてんこ盛りなんです。一押しのレーザーです。

この記事で分かること

ジェントルレーズ/ジェントルレーズプロの特徴

プロのナースがジェントルレーズ医療脱毛をすすめる理由

ジェントルレーズによる脱毛がむいている箇所

ジェントルレーズ脱毛にむいているのはこんな人!

 

ジェントルレーズ/ジェントルレーズプロの特徴

ジェントルレーズ(Gentle LASE)はアメリカのSyneron Medicalまたは、Syneron Candela (シネロンキャンデラ)社が製造している医療用のレーザーです。

シネロン社はもともと、NASAのレーザー技師が1970年にボストンに設立したのが始まりです。

その後キャンデラという会社と合併したのですが、キャンデラ社はライトシュアデュエットでおなじみのルミナス社ともともと同一だったのです。

そう、実はジェントルレーズもライトシュアデュエットももとをただせば同じ会社だったんですね!

でもその仕様はぜんぜん違います。

ジェントルレーズ/ジェントルレーズプロであるアレキサンドライトレーザーの特徴は以下。

アレキサンドライトレーザー(ジェントルレーズ/ジェントルレーズプロ)は、アレキサンドライトという宝石の屈折率を利用したレーザーです。

その波長は単一で、メラニン色素に吸収されやすい波長755nm(ナノメートル)に限定されています。

レーザーは波長によって皮膚への深達度が違います。

一番左の黄色い光がアレキサンドライトレーザー755nmで、真ん中がダイオードレーザーの810nm。最後に右端がヤグレーザーの1064nmです。

755>810>1064nmと波長が長いほど皮膚の奥へ入っていくのがわかると思います。

レーザーは、波長が短いほど黒色に反応するという働きがあるので、波長の短いアレキサンドライトレーザー(ジェントルレーズ/ジェントルレーズプロ)は黒色にすごく反応します。

だから白い肌かつ黒い毛の方が反応しやすいのですね。

 

 

 

ジェントルLASE は1秒に1.5回の照射スピードで

Lightsheerデュエットは1秒に最大3回の照射スピード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA