VIO脱毛の効果は照射体勢で決まる!現役医療脱毛ナースがおしえる上手なVIO脱毛の受け方

VIO脱毛の効果は照射体勢で決まる!現役医療脱毛ナースがおしえる上手なVIO脱毛の受け方

美容外科ではたらく現役ナースのエリーです。まいにち医療脱毛の照射に明け暮れております。

VIOライン(ハイジニーナ)の脱毛、恥ずかしいですよね。おまけに痛いしコワイ・・・

それなのに何回も通ってるのにぜんぜん毛が減らない、、と悩んでる方はいませんか。

じつはVIOラインの脱毛は、うけるときの体勢や姿勢によって脱毛効果の出方が違うって知ってましたか?

実際に毎日医療レーザー脱毛している看護師だからこそわかる「VIO脱毛の効果を最大限にする受け方」をお伝えします!

VIO脱毛なら専門店!何より安いのがエリーのお気に入り!

 

VIOラインはどこ?場所を再確認しよう

その前におさらいをしておきましょう。

Vライン=ビキニラインのこと。パンツのゴムが当たる部分です。

Iライン=大陰唇のこと。超急所・・。内側どこまで打てるかは施術者の腕次第

Oライン=お尻の穴のまわりです。お尻の穴そのものじゃないよ!

VIOと言っていますが、Vラインだけ受ける人も多いです。

IラインとOラインはそもそも毛が生えていないという方も結構いますが、

一方で普通のパンツからはみ出るくらい、お尻の穴のまわりまでびっしりと生えていらっしゃる方もいます。

こういう方のVIOライン脱毛はすごくやりがいがあります。

 

VIOの医療レーザー脱毛はどんな恰好でうけるの?

Vライン脱毛の姿勢

ふつうにあおむけで照射してもらいます。これはそんなに恥ずかしくないですね。

ショーツはTバックタイプの紙ショーツを使うところが多いですね。

ここに注意!

 

 

紙ショーツを逆に穿く人がすんごく多いです

Tバックをはきなれていないお客様は、紙ショーツを穿くときに間違って逆に穿かれることが多いです(汗

布地が広い方が前、細い方が後ろ(お尻側)ですよ!!

「Tバックはお尻の方が細い(ヒモ)と覚えておきましょう」

Iライン脱毛の姿勢

Iラインはものすごく照射が難しい部位です。

あまり知られてませんが施術者によって上手い下手があって、脱毛効果が変わってきます。

上手い人に当たるとスルスル毛が抜けますよ!

 

VIO医療脱毛照射姿勢 その①

足の裏どうしを合わせてひざを開く姿勢が一番脱毛効果が出やすいと思いますが、

患者さんはものすごく恥ずかしいですよね・・・(´・ω・`)

なので人によっては、

 

VIO医療脱毛照射姿勢 その②

照射する側のひざを外側に倒してもらいます。これだと恥ずかしさが若干軽減されますよね。

 

その①の照射姿勢の方がVIOライン脱毛の効果が高い理由

私は初めてのお客様や、脱毛経験の少ない方には基本的に②の照射体勢をお願いしています。

反対におつきあいの長い方や、慣れている方、脱毛効果を早く出したい方には①の照射姿勢で照射してます。

足の裏同士を合わせてひざをパカッとひらく①の方が脱毛効果が高い理由はなんでしょう?

答えは「皮膚が伸びされるから」なんです。

Iラインの皮膚はもともとしわっぽく、伸縮性に富んでいます。

出産のときにぐーっと伸ばされる場所なのでしわがたくさんあるんですね。

医療脱毛でつかう医療脱毛レーザー機器はダイオードやアレキサンドライトなどの種類を問わず、しっかりと密着させることが照射効果を高めます。

しわしわになってるヒフにレーザーを照射しても毛穴がつぶれていることが多く、まっすぐレーザーが入っていきません。

皮膚に対して垂直にレーザーを当てることが大切なんですね。

だから①の照射ポーズの方がお股の皮膚がぴっとのばされて、毛穴が広がりやすい、というわけです。

私は慣れたお客様なら、陰唇をひっぱらせてもらって照射してますよ。

恥ずかしいよりも効果を出す方法をおすすめします

 

Oライン脱毛の姿勢

VIO脱毛の場合、Vライン→Iライン→Oラインと照射していくんですが、皆さん痛みと緊張のピークはIラインの時!

Iラインの照射を終えると、恥ずかしさにも慣れ、痛みにもやや慣れるのか「もうどうにでもして・・」という感じになります。

こんな風にリラックス(?)した状態になるので案外、Oラインは照射しやすいのですよね。

またOラインのヒフはIラインと違って粘膜でないので効果も出やすいです。

 

Oライン照射の姿勢 その①

これはシムス位といいます。妊婦さんにはおなじみの格好ですね。

半身を倒して片膝をぐーっとうえにあげてもらいます。

恥ずかしくないのと、楽な姿勢なので、慣れてないお客様はこの姿勢で照射することもあります。

 

Oライン照射の姿勢 その②

でも実際には、四つん這いの姿勢がいちばん照射しやすく、効果が出やすいです。

①のシムス位だと、皮膚同士が重なる部分が多くレーザー照射しきれないんです。

重なりが多いと、熱量が入りすぎてやけどのリスクが上がってしまうのであまり細かく打てません。

ですのでできれば四つん這いでお願いしたいところです。

 

まとめ:一番効果のあるVIOライン脱毛の体勢は?

実際に看護師として毎日医療レーザー脱毛を照射していて思うことは、本当に人それぞれ。

毛の生え方も、生えている量も範囲も、IラインとOラインの色素も、痛がり方も全然違うんです。

毛は連続的に生えているので、一つのポーズだけだとどうしても照射漏れができます。

なので一番効果のあるVIO医療脱毛の体勢は、「照射中にいろいろポーズを変える」ことだと思います。

私自身もいろいろなポーズを試した結果、お客様になんどか姿勢を変えてもらう方がうち漏れがないという結論になりました。

なので上記のポーズは、必要に応じてすべてやったほうがいいです。

「四つん這いは恥ずかしい」等となると、照射にすごく制限が出てしまうので、できれば恥ずかしいといわずに、しっかりとした体勢で受けてほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA