脱毛は医療費控除の対象になる?脱毛費用を安く抑えるコツは?

脱毛の費用って高額になりがちですよね。

確定申告の時に、高額な医療費を控除できる制度
「医療費控除」という所得控除が受けられればすごく助かります。

医療費控除は、医療費の合計額が10万円を超えると
その医療費に応じて税金を計算しなおすので、税金がやすくなったり
場合によっては所得税の還付が受けられたりするんですね。

ですが、脱毛が医療費控除の対象になるかどうかは、
「医療目的かどうか」というのがすごく大切になってきます。

今回は、ありがちなケースをモデルにして、
「こんな場合は医療費控除になりますよ!」ということを
ご紹介していこうと思います。

【そもそも医療費控除ってなに?】

医療費控除は、生計をともにしている配偶者や家族の医療費を合計し、
医療費の合計額が10万円以上になった場合は、
10万円を超えた分を所得から引いて税金を計算してもらえる制度です。

医療費控除を受けた分の所得が低くなるとどうなるのかというと、
実際にあなたが稼いだ年収よりも低く計算されるため、税金が安くなります。
つまり、所得税や住民税などが安くなるので、家計が助かるということですね。

【脱毛って医療費控除の対象になるの?】

脱毛に関しては、実は残念ながら「ほとんどが医療費控除の対象とならない」と言われています。

「毛深いから自分で処理をしてもすぐに生えてくるのが面倒だから脱毛したい」
「人に触られたときにジョリジョリしてしまうのが恥ずかしいから脱毛したい」
「自己処理をしていると、わきの下がプツプツしてしまうのが嫌だから脱毛したい」
「今好きな人は、つるつるの肌が好きみたいだから、よく思われるために脱毛したい」

よくありがちなこんなケースでの脱毛は、
「見た目を変えるため=美容目的」となるので、医療費控除の対象にはなりません。

このように一部例外を除き、脱毛は「見た目をよくする美容目的」である場合が多く、
医療費控除を受けられないので控除が受けられず、全額負担になることも多いです。

では、脱毛でも医療費控除を受けられるという
その「一部例外」というのはどのような状況なのでしょうか?

【脱毛が医療費控除の対象になる条件は?】

残念ながら、脱毛は基本的に医療費控除の対象にはなりませんということをお話ししました。

ですが、脱毛をした場合でも、医療費控除の対象になる条件である
「治療目的」で脱毛をした場合は、医療費控除の対象になります。

つまり、見た目をよくするための脱毛ではなく、病気やケガなどの治療が1番の目的で、
その治療の一環として脱毛が行われた場合には、医療費控除の対象になる場合があるので、
確定申告の際に、医療費控除の申請をすることができるかもしれないということです。

【脱毛が医療費控除の対象になる具体例】

たとえば、医療費控除の対象になる脱毛方法の具体例として、
腋毛の脱毛をした理由が

・「腋臭(わきが・正しくは腋臭症(えきしゅうしょう))の治療によるもの」

だったケースでは、「腋臭の治療」というのが1番の目的で、
脱毛はその治療の一環という事になり、医療費控除の対象になる場合があります。

同じく脇の脱毛をした方でも、

・「腋臭(わきが)ではないけど、臭いを完全になくしたいから脱毛した」

という場合では、腋臭の治療ではなく「よく思われたいための脱毛」となるので
「美容目的」と判断されて医療費控除の対象にはなりません。

このように、
「治療目的での脱毛」→医療費控除の対象
「美容目的での脱毛」→医療費控除の対象外
となります。

つまり、

「脱毛をしなければ私生活に影響が出る、健康を害するかどうか」

というのが、
脱毛をした場合に医療費控除の対象になるのかどうかの判断材料となります。

医療費控除の対象になる脱毛には、腋臭の他にも

・多毛症でレーザー脱毛の治療が必要な場合
・多汗症の治療

などの場合に、医療費控除になるケースがあります。

【医療レーザー脱毛は医療費控除の対象になる?】

ちなみに、「医療レーザー脱毛」という名前を見てみると、
「医療」という単語がついているので医療費控除の対象になりそうに思いますが、
医療レーザー脱毛も、「美容目的」の場合は医療費控除の対象にはなりません。

医療費控除の対象になるかどうかは、あくまでも
「美容目的であるか」「治療目的であるか」というところで判断されます。

あなたが脱毛するときに

・「ムダ毛の処理が上手くできないから脱毛をしたい」
・「ムダ毛をなくして見た目をキレイにしたい」

という目的だった場合は、医療費控除の対象にならないということです。

(ただし、医療レーザー脱毛である場合も、一般的な脱毛と同じく
「治療目的」の場合は医療費控除の対象になりますよ)

【脱毛の費用を安くするためのポイント】

でも、脱毛をするほとんどの女性(最近は男性も多いですね)は、
美容目的での脱毛が多いことと思います。

医療費控除が受けられないとわかっても、
それでも脱毛をしたいと思ってしまう気持ちはすごくよくわかります。

なので、脱毛クリニックやサロンを選ぶ際には、「料金を比較する」というのが
「自分で支払う脱毛の実費を安くするため」にはすごく大切になってきますので、
しっかり自分で比べてみることをおすすめします。

【脱毛サロンとクリニックはどちらが安く脱毛できる?】

脱毛をするには「サロン」と「クリニック」どちらがいいのか迷いますが、
費用的に考えると「クリニック」のほうがいいのではないかと思います。

その理由は、「サロン」のフラッシュ脱毛では効果が弱く、
1回あたりの費用が安かったとしても、何度も通わなくてはならず、
結局総合してみるとクリニックよりもサロンの方が高くなってしまうこともあるからです。

一方、クリニックではお医者さんがいる「医療機関」でしか扱えない機械を使うので、
脱毛効果がとても高く、期間が短くてすむので、総合的にみて
脱毛サロンよりも費用が安く済むので、実費を抑えることができるでしょう。

ただし、脱毛サロンのフラッシュ脱毛の方が肌への痛みは弱く、
クリニックのレーザー脱毛では脱毛効果が高い分、肌への痛みが少し多いのが特徴です。

【脱毛は医療費控除の対象になるかどうかのまとめ】

脱毛は一般的に医療費控除の対象にはなりません。
ですが、例外として

・医療目的による脱毛

の場合は、医療費控除の対象として、
確定申告の時に脱毛費用を控除してもらえる場合もあります。

綺麗になるための美容目的での脱毛をお考えの場合は、
脱毛サロンと脱毛クリニックの費用や特徴を比較してみて、
自分にあった脱毛方法を探してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA